【悲報】コロナウィルス対策給付金1万2千円以下で落ち着きそうな予感に・・・

政治

1日後に10分の1まで減らされる給付金

20日午前0時のニュースで自民党が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策の策定に本格的に着手し、国民一人一人に一律10万円の現金を給付する案が検討されていると、報じられていたが、同日午前9時ごろのニュースでは、僅か9時間ほどの間に予定の給付金額が2万円にまで減らされていた・・・。

↓20日 0時18分に配信されたニュース

自民党は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策の策定に本格的に着手しました。国民一人一人に一律10万円の現金を給付する案が検討されています。(中略)

緊急経済対策は、来年度予算の成立後に安倍総理が自ら発表する案が浮上しています。

国民1人10万円現金給付案を検討

↓9時12分に配信されたニュース

政府・与党は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた追加経済対策として、現金給付や商品券など直接的な家計支援を実施する方向で検討に入った。生活困窮者を支援するため、政府は公共料金の支払いを猶予するよう関係機関に要請した。(中略)

政府・与党は「今回はリーマン以上の影響がある」(自民党の岸田政調会長)との認識で一致しており、一律2万円以上の給付を検討している。

一律2万円以上給付、家計支援を…政府・与党「リーマン以上の影響だ」

で、まあ本日21日の午前10時ごろ配信されたニュースを見ると、何やら本当に給付金が国民全員に配られるのかすら怪しい雲行きに・・・。

↓21(土) 10:37配信

新型コロナウイルスの感染症拡大に伴う緊急経済対策で、政府が必要な財源として新たな借金となる赤字国債の発行を検討していることが21日、分かった。与野党から30兆円規模の経済対策を求める声が上がっており、経済対策を反映する2020年度補正予算の財源として活用する可能性がある。

新型コロナの日本経済への影響は、08年のリーマン・ショックを超えるとの指摘も出ている。国民に現金を配る現金給付のほか、売り上げが落ち込んだ観光業への支援策が検討されている。

赤字国債の発行で国の借金は増えることになり、財政健全化の目標達成はさらに厳しくなる。

緊急経済対策、赤字国債を検討 補正予算財源、借金さらに増加

給付金の具体的な金額が書かれなくなった上に、ご丁寧に借金増加で「財政健全化の目標達成はさらに厳しくなる。」との但し書きまで・・・。

それにしても、僅か1日で貰えるはずだった10万円があっという間にどこかに消え去ってしまいましたね・・・ちょっとしたミステリーやな( ̄▽ ̄;)

ワリと予想通りの展開だったり・・・

ちなみに、最初に「1万2千給付金する」って話が出てきて、多くの評論家が「ショボい!!」「少なすぎる!!」「桁が一つ足りない!!」なんて騒いでた時点で、僕はなんとなくこうなることを予想してました。

給付金の話が出た時に麻生大臣は、「給付金は検討してない」って答弁してたからね。

またウソがばれるアベ

まあ、10万円給付という話は、財務省職員の遺書が公開されて焦った安倍が支持率回復のために出まかせで言ってみたってところなんじゃないかと。それが、僅か9時間後にはそんな話なかったかのような扱いになってて笑うしかないけれど。

なんとなくだけど、落としどころとしては、貧困世帯と高齢者に限定して1万2千円~2万円くらいの額を支給、受け取る際はマイナンバーと紐付けした口座が必要に、みたいな感じになりそうな気がしている。

↓YouTube、Twitterもやってるので登録お願いします(。-人-。)

YouTube⇒https://www.youtube.com/c/channelkattann

Twitter⇒ https://twitter.com/kattann2go

給付金はいくらになる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました